忍者ブログ

咲夜さん衣装を製作するぞ!(その1)

1 何を作るのか

さて、今回は、コスプレ衣装を作るお話です。

今回作ろうと思うのは、咲夜さん(十六夜咲夜)の衣装です。
と言っても、原作通りのデザインを作ろうといいうのではなく、
作りたいアレンジがあってのことです。

今回作ろうと思うのは
女子もギャルソンっぽい制服を着てるようなカフェの店員さんぽい咲夜さん衣装
です。ややこしいですね。

十六夜咲夜というと、STGの自機ですし、
外に出てナイフを投げている姿がまずイメージに浮かびますが、
日常的にはメイドらしく家事・給仕の仕事をしてることも多いんだろうな、
ということで、給仕をしている姿の似合う咲夜さん衣装を作ろうというのが最初のコンセプトとなりました。

その上で、銀髪で凛として格好いいイメージからして、かわいい or 質素なメイド服と言うよりは、
男性的でかっこいい雰囲気の、ギャルソン系給仕として作るとかっこいいかな?というのが、
今回のデザインに至った経緯です。

ということで衣装としては
a)かっこいい半袖ブラウス(角襟)場合によってはボタンダウン
b)ギャルソンぽいチョッキ(ジレ?)
c)タイトスカート
の3点を軸に据えることにしました。
ついでに、タイトスカートのスリットは一部をコンシールファスナーにしておいて、
そのまま着替えずにキックで格闘もできるようにします。

2 今回の進捗

で、今回どこまで進んだかというと、こんな感じ↓です。

まず、こちらが仮縫い用の型紙、
肩ヨークで切り替えを入れて、背中中央にタックを入れているのがポイントです。

これを切り出して、仮縫い様シーチングの裁断まで進めるとこんな感じです↓


そして、縫い合わせて、トルソーに着せてみると、こんな感じです。
      

仮縫いして、襟までつけてみたところで、改善点が多発でした。
1)まず、襟のポイントがおかしい。めっちゃ首元が狭くなってました
2)ついでに、襟元が詰まりすぎ。これだとほとんど詰め襟状態です。
3)更に、後ろダーツの位置がおかしい。背中にダーツのシルエットが見えたほうが美しいです。

ということで、これから修正、というところで今回はおしまいです。
次回はスカートの話になるか、ブラウスの本番の話になるか、お楽しみに!
PR