忍者ブログ

ストロボのパワーを限界を超えて下げる話

1.問題点
夜間のコスプレ撮影で、暗い背景を写そうとすると、
どうしてもISOを上げまくり、絞りも相当開いた設定にする必要があります。
例えば、ISO6400, F2.0とか、そういった設定になります。

その状態で、(クリップオン)ストロボでモデルを照らそうとすると、
ストロボのパワーを最小の1/128に設定しても、
パワーが強すぎて、下の画像の様にモデルが白飛びしてしまうことがあります。
まず、次のイメージ写真のようにモデル(トルソー)とソフトボックスを配置して、
撮影することを考えます。

この時、露光量の設定は、背景の山を映すことを狙って、
ISO6400, F1.8としているとしましょう。(ストロボ撮影なので、露光時間はモデルの露光量に関係ありません)
その設定で撮影すると……パワー1/128でも、↓の様に白飛びしてしまいます。


勿論ストロボとモデルの距離を離して調節することは可能ですが、
早々都合よくライトスタンドを立てられる場所があるとは限りませんし、
灯りを遠くすると、影が強めに出てしまうのも好ましくありません。

2.解決策
そこで解決策として、黒のパーマセルテープを使います。
こんな感じ↓で、クリップオンストロボの発光面を、どんどん覆っていきます。
かなり覆ってしまわないと、パワーが下がらないので、
ほんの少し発光面が残る程度まで覆ってしまいます。


こうすれば、同じ1/128の設定のままでもストロボから外に出る光が減るので、
モデルに届く光量はちょうどよくなる、という寸法です。

上の写真が、ストロボの発光部を覆った以外、同じ設定でもう一度撮影した例です。
このように、調度良い露光になりました。

こうやって発光面を覆ってしまうと、ストロボの熱がテープに溜まってしまいますが。
もともと最小パワーなので、余り問題はないと思います。
間違ってパワーを1/1に設定した状態で、こうやって覆ってしまうと、
蓄積した熱でその内テープが燃えかねないのでご注意ください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
PR