忍者ブログ

2015/06/13-14 海ロケレポ(昼の部)

久しぶりの撮影記です。
今回は、神奈川県某所へ海ロケに行ってまいりました。
地元の役場の印の入った撮影許可を頂いて、何やら本格的な雰囲気のする撮影です。

メンバーは
葉桜さん(蒼龍・伊168)
トリスケリオンさん(鳳翔・潜水カ級)
Keruさん(飛龍・提督)
nacoさん(大和・大井)
の4名のモデルの他、
秀さん
が私の他にカメラマンとして参加しておりました。

宿で着替えてから、車で現場まで移動すると、予定通りの石の浜でした。
残念ながら晴れた空には恵まれませんでしたが、幸いにして風があまり強くなく、海は穏やかでした。
DSC_3130.jpg

撮った写真はこんな感じ。
DSC_3147.jpgDSC_3222.jpgDSC_3380-Edit.jpg

くるぶしより少し上程度の水深でも、しっかり波を待つとこれくらいには海っぽい写真も撮れました
DSC_3318.jpg
水鉄砲の水に後ろからストロボを当てると、水撮っぽい効果に使えないかな―と思いましたが、結局出番がなかったです。
DSC_3212.jpg
さて、今回、初めての海撮だったのですが、気づいた点をまとめるとこんな感じです。
  • フナムシが多い!岩場だったからかと思いますが、あちこちを走り回っています。とはいえ、大変臆病で、人間の気配がするとサーッと去っていくので、撮影の邪魔にはなりません。
  • 同じく小さな貝が多い!これも岩場ゆえのことだと思いますが、海岸の石にびっちりと貝がへばりついています。歩くときや、石に座るようなポージングの際には何かと注意が必要でした。
  • 風が強い。これも海岸では当然のことですが、風が強く、2Lのペットボトル2本をぶら下げていたにも関わらず、アンブレラ付きのスタンドが風に煽られて転倒しました。海岸でスタンドを立てる際には、倒れても泣かない勇気が必要になりそうです。
  • 上り下りがキツイ。海辺を活かした撮影をしようとすると、必然的に、カメラが陸側、モデルが海側/波打ち際に位置しての撮影が多くなります。そうなると、撮影中に画像を見せに行ったり、近く細かな指示を出そうとしたりするたびに、カメラマンが浜辺を降りていく事になります。1回や2回ならどうということはない行程ですが、10回、20回となると、結構足が疲れます。
  • 足元は固めるとよし。今回、岩場の水中に入ることを見越して、古くなったスニーカーを用意して撮影に望みましたが、良い選択だったと思います。石で切り傷を作らない防御力と、気にせずどんどん海に入れる気楽さを備えるチョイスとして、お勧めです。
    →「ウォーターシューズ」というアイテムがこの用途にぴったりなようです。
それでは、この続きの夜戦についてはまた次の日記で記したいと思います。
PR