忍者ブログ

一眼レフカメラをデコるお話

突然ですが、私がいまメインに使ってる一眼レフカメラはこんな感じ↓で、
何やらベタベタとシールが貼ってあります。
随分とデコられた印象ですね。


特に、真正面の出っ張り(ペンタプリズム部分)にあるNikonロゴが隠れてしまっているので、
「ロゴを隠してるんですか?」と良く聞かれますが、
特にそういう意図はありません。

ではこれは何か、というと、このまま見ても、分かりません。
わかりやすいように、明かりを消すと、こうなります↓

というわけで、夜、真っ暗な場所で撮影する際に、
カメラの場所がわかるように貼られた蓄光テープが、正体でした。
特にロゴを隠してしまっているテープは、真正面から見た時に見える唯一の部分なので、
モデルから見てカメラの位置をわかってもらうために重要なのです。

尚、その右下のテープはレンズ取付指標のもの、手前はレンズフードに付いているものです。
レンズとボディの取り付け指標にテープを貼っておけば、
真っ暗なママでも一応はレンズ交換ができます。
実際にはミスがあるとこわいので、いちいちヘッドライトを付けることがほとんどですが。

同じように、背面はこのように↓なっています。

こうしておけば、真っ暗な場所でも、
「再生ボタンの位置がわからない!」とか、
「プレビューはできたけど、拡大ボタンの場所がわからない!」とか、
そういった問題が生じませんヽ(=´▽`=)ノ

D5などのフラグシップ機では、それぞれのボタンにライトが内蔵されているようですが、
私のD750の場合は、ライトが仕込まれているのは右肩の液晶だけなので、
こういった工夫が必要なのでした。

同じように、三脚やライトスタンドのノブにも蓄光テープを貼っておくと、
暗闇で操作する際に便利です。(画面左側がカメラ、右側が三脚)

特に、三脚の足に貼っておくと、暗闇でも立っている場所がわかって、
足を引っ掛けることが減る……と思います。

これだけベタベタ貼っていても、
夜間撮影中に、一度足を引っ掛けてカメラごと三脚を倒したことがあるので、
油断は禁物ですが\(^o^)/

以上、カメラと機材を蓄光テープでデコるお話でした。
蓄光テープは、特にどの製品でも大きな問題はないので、
適宜、書いやすそうな製品を選べば問題ないと思います。
発光時間については、
撮影中に時々懐中電灯やヘッドライトの明かりを浴びて蓄光するチャンスが度々あるので、
さほど拘る必要はなさそうです。

ちなみに、ニコンのサービスセンタに、この状態のカメラを何度か持ち込みましたが、
特に全部はがされるようなことはなく、むしろなるべくそのままの状態を維持して、
清掃なり、修理なりをしていただいています。多謝m(_ _)m

にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
PR