忍者ブログ

6/15 東方天狗併せ撮影――レポート編

6/15 東方天狗併せ撮影会レポート
去る6月15日に、松戸21世紀の森(イベント情報)にて天狗併せを撮って参りました。
参加者は
射命丸文(カムさん
姫海棠はたて(新月子さん
のお二方でした。

梅雨の只中で、当初から雨の不安と闘いながらの企画となりましたが、↑の写真の通り当日はカラッとした晴れでした。実はチョット雨撮やりたかったのは秘密(*´∀`)

とにかく広い公園なので、一回り偵察している間にモデルさん方の準備が完了。
合流したところで抑えのカットを撮ってから、森の方へ移動していきます
DSC_3565.jpgDSC_3578-Edit.jpg


広々とした日本の風景。広々用に28mmも持ってきていたのですが、ほとんど出番がありませんでした。レンズ選択は大失敗です^^;
DSC_3633-Edit.jpg
DSC_3670-Edit.jpg

2枚目は6000円で落札したAi-S 200mm f/4で撮ったもの。85mm f/1.8Gではなく、ぐっと長いこちらを選んだのは正解でした。50mmとは大胆に印象の違う写真が撮れます。

森のなかでは木漏れ日を探しながらの撮影。
DSC_3688.jpg

途中、木の橋がかかっているところは定番撮影スポット。ここでも、前後の緑を取り込んで望遠で狙っていきます。
DSC_3712.jpgDSC_3731-Edit.jpg

東方といえばこれ!とカラーフィルターも持ちだしてみましたが、野外で使うとヘンでしたorz
背景を暗く落とせばまた違ったのかしら?
DSC_3793.jpg

普通の色で使えば、野外でもスピードライトで光を補うのは重要です。森のなかは暗いので同調速度以下で撮れますし。
DSC_3773.jpg

山に住む天狗。あまり近くから撮れないのも自然な話です。
DSC_4053-Edit.jpgDSC_4079-Edit.jpg

後は、東屋など。
この辺りから、あややのカメラが銀塩なのかデジタルなのか、設定が曖昧になってきています。
DSC_3868.jpg
「ふーん、あんたまだ面倒なもの使ってるのね」
というカットと、

DSC_3881.jpg
二人で背面モニタ覗きこむカットと。ほんとにレンジファインダーで銀色のデジカメとなるとライカM9(ひゃくまんえん)になりそうですが笑


森を出たら後は野原で暑い暑い日本の夏をイメージしたカットにとりかかります。白飛び上等ヽ(=´▽`=)ノ

DSC_3955-Edit.jpg
良い空と雲でした。

DSC_3988.jpg
軒下で一服。麦茶のコップとか、欲しかったですね。

DSC_4014.jpg
撮影も木陰から。オールドレンズのハレーションを避ける意味でも理にかなっています。

DSC_4165-Edit.jpg
夏の小川……なのですが、あまり水はありません。

最後は木陰で一休みして、家路につきました。
DSC_4197-Edit.jpg
DSC_4190-Edit.jpg
PR